Warframe内なる紛争完了

Warframeもついに「内なる紛争」を完了しました。
オペレーターの新能力も開放されプレイに幅が出てきました。

内容は「二番目の夢」同様オペレーターにフォーカスした内容で中々良かったです。


オペレーターの真の能力に関してはこれと言って普段使うことはなさそうです、使い所といえばルアでセンティエントと戦うときくらいでしょうか。
KUVA要塞へ行かない限りはこれと言って使わないかもしれません。

今回もお気に入りのフレームでプレイすると良い感じなのですが、道中ボス戦や防衛ミッション等があるのでその辺考えて選ぶと良いでしょう。
フロストとかライノで行くと楽かもしません。どのみち後半はオペレーターで行動するので結局のところどれでも良いですが・・・
自分はヴァルキールでプレイしましたがやはりヒステリアのおかげでボス戦は楽勝でした。防衛も短めなのでヴァルキールはおすすめです。プライムなのでイベントシーンでも映えます。

イベント中進行に詰まった&悩んだ場所が幾つかありまして。

・まず輸送船に付いてセンサーを突破するアークウィングミッション。
これはほんとに判定がシビアで操作に慣れていないと失敗しまくると思います。
うまく船体を利用してレーザーセンサーから隠れながら進みますが、船体が結構歪な形だったり地形の近くを進むので位置がずれて発見されてしまいます。
これと言ってコツはないので何度もチャレンジしてやるしか無いです。

・次にオペレーターパートのグラボイズみたいなモグラ
前半は覚えた技で切り抜けられるのですが、最後の場所はちょっとコツが必要でした。
ボイドダッシュを利用して移動したあと回復まで岩場で待つ。コレ。
岩場は安全と教えてくれないんですよね。わからんて。

・で、最後らへんの中ボスラッシュ
デブいグリニア兵士が襲ってくるところ。
一応ボイドダッシュで敵を無力化出来ることは教えてくれるのですが、そのあとフレームに戻って攻撃しないといけないことは教えてくれません。
ボイドダッシュで武器を落としたらフレームで適当に攻撃です。

この3点がかなり大変でしたけど、概ね問題なく進行できました。
完了すると新しい近接武器(カタリスト+スロット付き)と特定武器用の特殊なMOD(Riven MOD)あとオマケでオービター内をオペレータで歩けます。フレームと並んで写真を取ったりできるので面白いです。

その他の進捗

LIMBOを作成。
アークウィングミッションがやたら難しくて放置していたLIMBOですが、ちょっとやってみると案外クリアできたので作ってみました。
戦わなくていいミッションでは無類の強さを発揮します。というかダメージ喰らいませんね。反則です。
しかしながら戦う必要があるときはツラいのとソロ以外だと迷惑以外の何物でもないので無理に作る必要は無いフレームですね。

次はエリスジャンクションに向けて遺跡船を攻略だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA