LIMBOの使い方

PRIMEが実装されましたLIMBOですが、とんでもなく癖があり運用が非常に難しいので使い方というものが重要です。

本来クエストで入手しある程度腕のあるテンノしか使わないフレームなのですが、PRIME化した事により初心者テンノがPRIMEアクセスで入手したりして使い方を知らないまま戦場に出てきたりすると大変なことになりえます。


ミッションによってはLIMBOのせいで失敗することや時間がかかってしまうこともままあり自分はおろか分隊員にまで多大な迷惑をかけてしまいます。

異次元の仕様はある程度理解しパッシブのRIFT WALKのタイミングや4番の使い所などアビリティ周りでも気をつける必要があります。

そんなLIMBOの使い方をざっくり紹介。

異次元の問題点

異次元は敵の攻撃がほぼ届きません。
当然こちらの攻撃も当たらなくなりますが。

異次元にいる間はほぼ無敵です。
これがLIMBOの強みでもあり問題点でもあります。
Co-opでは異次元にいれば放置していても死なないわけですから完全寄生ができてしまします。嫌われること間違いなしです。

RIFT WALKで異次元に侵入するわけですが、進入時ゲートを残すので分隊員がうっかり異次元に入ってしまったりします。
この場合異次元を知らないプレイヤーは異次元から抜けられずあたふたしてしまうので異次元入りするときは気をつけましょう。

4番は指定場所に異次元のドームを作り出して敵からの攻撃を遮断できます。一見FROSTのカマクラに似ていますが、こちらは外へ攻撃できません。
ですので防衛対象にかけてしまうと結局倒すのに外に出なければ行けないので使い所に気をつけたほうが良いです。
2番を使うと中の敵を止めることができますが、遠距離から攻撃してくる敵は結局外へ出て対処する必要が出てくるので安全性が上がるだけと言えます。

LIMBOの効果的な使い方

さて、そんな問題だらけの異次元をうまく使いこなす方法はあるのでしょうか?

そうです、ソロです。

このフレームはソロプレイ時に最高に輝きます。

まず基本的にダメージを受けない。
戦う必要がないミッションでは最強。
特にコーパス潜入、ルア潜入。オロキン試練部屋などで最高に輝くでしょう。

コーパス潜入ではカメラにだけ気をつければ良いので簡単です。
ルア潜入では完全にレーザーを無視できるのでただの迷路と化します。

その際のMOD構成は基本的に範囲マシマシのみで構いません。
異次元にいる間はENが回復するのでカメラ破壊用の4番の範囲のみあれば良いです。高レベル潜入だと巡回中の敵を倒したいので少し威力があってもいいかもしれないです。
カメラの無いルアなどではもう移動系のMODだけOK。

次に輝くミッションは起動防衛。

これもコンソールに敵が近づけないようにするだけなので4番+2番でOK。あとは止まった敵を倒すだけ。
範囲は100%以下に出来ると良いですが100%でも問題なしです。
時間だけ伸ばせるだけ伸ばしましょう。
データマスをセットしたらコンソールに向かって4番後2番です。
2番は先に切れるので適宜掛け直しましょう。

そして最後に発掘。

これも起動防衛と同じ方法で運用します。
ビルドも同じです。
発掘機に4番2番で守りつつパワーセルを回収。
FROSTより安全に発掘できますが4番が1つしか出せないので時間は多少かかります。
範囲が狭すぎるとパワーキャリアーが入ってこないので範囲は100%以下にしない方が良いでしょう。

一応ボス戦でも使えます。
弱点が露出するまで異次元で待機 > 弱点が見えたら出てきて攻撃。その後また異次元へ。
という感じで安全にボスが倒せます。

「ソロで戦わないミッションで最高に輝く」これがLIMBOです。

まとめ

基本的にソロ専用のフレームと思ってください。
Co-opプレイだと潜入や発掘くらいでしか役に立たないと思います。あと傍受でも活躍できなくもなさそうです。

IVARA集めやルアでBRを集めたりソーティの起動防衛に持っていったりと便利なフレームですがCo-opで使うととにかく嫌われますのであまり使わないほうが良いでしょう。正直トラブルメーカーです。

基本性能は低いですので戦うミッションでは本当に役に立ちません。

異次元の特性を理解しなるべくソロで遊ぶ、それを徹底すれば最高のフレームです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA