OCTAVIAで定点狩りコンサート

遺跡船で遂に残りのパーツ設計図をゲットしましたので作りました。
KUVAも安定してソロ収集出来るようになったので作るしか無いと思ったわけですね。


OCTAVIAはクエスト「Octaviaアンセム」をクリアすると作成可能になる今までのフレームとは一線を画する特殊なフレームです。
このクエストはOrdisの悲願が叶う面白いストーリーなのでぜひともプレイしてみてください。

OCTAVIAとは?

さて、このフレームはすべてのアビリティで音楽を演奏します。

腕についているMANDACHORDによって作成した楽曲を演奏できるのが最大の特徴です。
ドラムライン・ベースライン・メロディラインの3つを内臓のステップシーケンサを使って組み合わせて作曲します。作曲難易度は低いので気軽に作曲してみると良いでしょう。

アビリティ

パッシブはアビリティ発動時ENが30秒間に1/秒回復します。
このパッシブのおかげで1番はほぼ出し続けることが可能です。

1番のMalletは設置した場所を中心にドラムラインに合わせて敵を攻撃する範囲攻撃。敵の注意をひくので簡単なCCになりますが本体が近くにいるとたまに敵が寄ってきます。
ダメージは初期状態では0ですが、敵の攻撃を吸収して増加します。

2番のResonatorは敵を完全にひきつけてランダムに移動するローラーを出します。1番のMalletを出していると拾って動くので完全にひきつけつつMalletでも攻撃できます。
自身のローラーもベースラインに合わせて攻撃します。

3番のMetronomeは自分の周りに輪ができ、メロディラインに合わせて縮まるので中心に来たときに特定の動作を取ることにより各種バフがかかります。

  • しゃがみ・・・透明化
  • ジャンプ・・・移動速度UP
  • 射撃・・・マルチショット率UP
  • 近接攻撃・・・近接ダメージ上昇

上記動作を一定回数成功させるとバフ開始。
ちなみに何もしなくても自動的に装甲値上昇バフがかかります。
このスキルは非常に特殊でメロディラインによってバフ難易度が変わります。連打譜面にするとやりやすいのですが少々音が悪いですね。
あと透明化もありますので効果時間マシマシにすれば潜入などでも活躍できます。

4番はAmp。
発動中は周りの音量によって味方のダメージ上昇のバフがかかります。
うるさければうるさいほど上がります。(上限はあります)
1番の範囲とダメージも増加するので防衛や傍受、耐久などの定点ミッション中にENに余裕があれば使うことで効率的に敵を倒せます。

ビルドの方向性

パッシブにEN回復能力がありENには余裕がありますので、基本的に威力・時間の2極で強化していくといいでしょう。

3番メインで運用する場合は時間特化、分隊を考慮するなら範囲も少しあると喜ばれます。その際はメロディラインを連打系にしておくことをお忘れなく。範囲を上げておけば4番のバフも広範囲になりますので更にgood。

防衛・傍受・起動防衛・定点耐久など移動しない場合。1番メイン運用になりますので威力と範囲を伸ばせるだけ伸ばしましょう。
かと言って効率が100%以下に落ちると1番常時発動が厳しくなりそうなので、オーラにEnergySiphonを付ける・フォーカスをZENURIKにするなどしてEN補給方法を用意しといたほうがいいかもしれません。

優先順位としては
時間 ≧ 威力 > 範囲 > 効率
となりますが効率を上げるくらいならFlowでENを上げたほうが効果的です。

OCTAVIAの使い所

非常に高性能なフレームです。
耐久や傍受、防衛などの定点率の高いミッションや起動防衛などで大活躍します。
掃滅など移動しながら戦うミッションは厳しいかもしれません。うまく2番を使い1番を運搬すればなんとかなるでしょうが、ENが厳しくなりがち。

自分はホールド系武器や範囲武器を持って耐久で1番を出し続ける運用で使っています。
敵が1番へ向かっていくのでそこへ向かってIGNISやZAKTIを打ち込みます。特にZAKTIは通常着弾後1秒ほどで範囲攻撃が発動するのですが1番に撃ち込むと即破裂してくれるので使い勝手がいいですね。
爆発系でも構いませんが時々敵がこっち来るので自爆が怖いです。

3番を使う場合しゃがみをトグル式にしていると非常に合わせづらいので注意が必要です。かと言って押し込み式だと不便なのでなんとか慣れるしか無いと思いますが。

まとめ

このフレームは特殊中の特殊フレームです。
使い勝手・利便性・強さは文句なしですが、それにはMANDACHORDの特性を理解する必要があります。
分隊で迷惑をかけ無いためにもある程度の音感やリズム感が必要ですので、そのへんに自身がない方はyoutubeなどで配信されている参考動画を見て打ち込むと良いです。

今までのフレームと全く別の意味で面白いのでぜひ作ってみてください。作曲だけで一日潰すなんてザラです。
機会があれば自作曲も載せていきたいですね。

個人的イチオシフレームです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA